現役エンジニアに悩みを無料相談詳細はこちら

【Flutter/Dart】条件分岐|if文/switch文/三項演算子

Dartの使い方を初心者向けに紹介します。

本記事では「条件分岐」の種類と使い方を解説していきます。

目次

主な条件分岐

条件分岐意味
if文比較演算子で実行したい処理を指定したい場合におすすめ
switch文値によって実行したい処理を指定したい場合におすすめ
三項演算子if文の省略形

Dartの主な条件分岐は上記の3つです。

if文

基本形

if (条件式) {
  条件が真「true」なら実行
}

条件式の結果が「true」なら処理を実行し、「false」なら実行しません。

else|真でない場合の処理を指定

if (条件式) {
  条件が真「true」なら実行
}else {
  条件が偽「false」なら実行
}

if文の条件が真でない場合の処理を指定したい場合は「else」を使用します。

else if|条件を複数指定

if (条件式) {
  条件が真「true」なら実行
}else if(条件式) {
  条件が真「true」なら実行
}else {
  if, else ifで指定した条件が全て偽の場合に実行
}

if文で複数の条件を指定する場合は「else if」を使用します。

switch文

switch (式) {
  case 値1:
    「式 = 値1」なら実行
    break;
  case 値2:
    「式 = 値2」なら実行
    break;
  case 値3:
    「式 = 値3」なら実行
    break;
  default:
    指定したどの「case」にも当てはまらない場合に実行
}

switch文では指定した式の値と一致するケースの処理を「case」で指定し、「default」ではcaseで指定した値と一致しない場合の処理を指定できます。

三項演算子

条件式 ? a : b;

条件式が真ならa、偽ならbの処理を実行または値を返します。

参考サイト

効率的にFlutterを学習したい方は世界最大級のオンライン学習サイトUdemyがオススメ。

最安1200円から独学でスキルアップを目指せます!

\ サンプル動画・30日間返金保証あり /

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる