現役エンジニアに悩みを無料相談詳細はこちら

【Flutter/Dart】ループ処理と反復処理|for/while/break/continue

Dartの使い方を初心者向けに紹介します。

本記事では「ループ処理」の種類と使い方を解説していきます。

目次

主なループ処理・反復処理

ループ処理意味
for初期値・条件式・変化式を指定し反復処理
for-inイテラブルの値を順に取得し反復処理
forEachイテラブルの値を順に取得し反復処理
while条件式が真の間反復処理
do-while条件式が真の間反復処理

Dartの主なループ処理は上記の5つです。

ループ処理の中断・スキップ

意味
break文ループ処理を途中で中断する
continue文ループ処理の途中で残りの処理をスキップする

ループ処理の途中で中断したり、残りの処理をスキップすることもできます。

for文

for (初期化式; 条件式; 変化式) {
  条件が真の間指定した処理を
}

for文では「初期化式」「条件式」「変化式」を指定し、ループ処理を記述します。

for-in文

for (var 変数 in イテラブル) {
  変数を使って反復処理を記述
}

for-in文はListなどのイテラブルの値を順に取得しループ処理を実行できます。

forEach文

イテラブル.forEach((変数) {
  変数を使って反復処理を記述
});

forEach文はListなどのイテラブルの値を順に取得しループ処理を実行できます。

while文

while (条件式) {
  条件が真の間指定した処理を実行
}

while文で指定した条件式が真の間繰り返し処理を実行します。

do-while文

do {
  処理を実行
} while (条件式); <- 偽なら指定した処理を再実行

do-while文で指定した条件式が真の間繰り返し処理を実行します。

参考サイト

効率的にFlutterを学習したい方は世界最大級のオンライン学習サイトUdemyがオススメ。

最安1200円から独学でスキルアップを目指せます!

\ サンプル動画・30日間返金保証あり /

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる